洲本市炬口→南あわじ市福良「イージーモード」(4)

前のページ

2018年01月28日-分32秒-DMC-LX9-299.jpg12:58

 ――食事ですよ!?(笑) 昼ごはん。
 いい時間ですし、なんか食べてから帰りましょう。
 実は、ゴール直後に、降るか降らないか、てくらいの小雨が落ちてきたんです。
 それで、ちょっと弱気になって、すぐに帰ってしまおうか、て心にもなったのです。ですが、せっかくここ福良まで来たのです。思い直して、もう少しここで楽しむことに。
 で、雨ということで、ここ道の駅で済ましてしまおう、と思ったのですが、どこも満員で。

2018年01月28日-分31秒-DMC-LX9-300.jpg13:00

 結局、旅の計画時に探しておいたお店に行くことにしたのでした。なに、歩いてすぐの所です。
(それにしても、ゴールしてから降るなんて、天気もイキな計らいしてくれる。)

2018年01月28日-分06秒-DMC-LX9-301.jpg13:03

 ここを行けば……。(スマホ便利です。)

2018年01月28日-分57秒-DMC-LX9-303].jpg13:04

 ありました。「まりも」さんです。
 計画時、福良でおいしい物を、と考えたのですが、何分わからないから、適当に「福良 ラーメン」でググったのです。そしたら出てきたのがここでした。じゃあ、そこにするかと。

2018年01月28日-13:10分19秒-DMC-LX9-304.jpg

 暖房がうれしい。

2018年01月28日-13:10分25秒-DMC-LX9-305].jpg

 ググったとき、ラーメンはラーメンでも、具体的に何味がお勧めなのか、までは出てこなかったので、自分の好きなものを注文します。
 塩バターラーメン。
 北海道でも思ったけど、アドバイスは尊重しますが、それよりもそのとき自分が食べたいと思ったものを選んだら後悔しないと思います。
(蛇足ですが、ここ、昼はビールは売らないみたいです。)

2018年01月28日-13:11分50秒-DMC-LX9-306.jpg

 寒かったし、熱いバター成分が、塩味スープとまざりあって、身に沁み込むような、そんな美味しいラーメンでした。
 ただ、山盛りの「もやし」ですが、もやしはスープに浸して食べた方が旨いと思うのです。美味しいスープなんですから、その意味でも、スープの量はもっとあった方がいいと思いました。
 ごちそうさまでした。

42.jpg
 ただの往復で芸がなかったな。今思うに、帰り道は、もっとぶらぶら歩きしてもよかった。

2018年01月28日-分51秒-DMC-LX9-311.jpg13:26

 まぁそういうわけで、戻ってきました。

2018年01月28日-分55秒-DMC-LX9-313].jpg13:27

 福良のバスステーションです。

2018年01月28日-分36秒-DMC-LX9-314.jpg13:29

 高速舞子まで、1950円です。(今、キーボードで「エン」と打ち込んだら、「円」でなく、「遠」の字に変換されましたよ。1950遠。なんか可笑しい!(笑))

2018年01月28日-分26秒-DMC-LX9-315.jpg13:38

 暖房がうれしい(笑)。
 で、トイレ(小)を済ませて。

2018年01月28日-分12秒-DMC-LX9-317.jpg13:41

 来ました。
 ほどよい時間割で次々と発車してますので、そんなに待つこともありません。

2018年01月28日-分29秒-DMC-LX9-318.jpg13:41

 またしても一番乗り。最前列の席をゲットしたのでした。

2018年01月28日-分43秒-DMC-LX9-319.jpg13:43

 今度は飲み物を用意してます。
 本音はビールだったんだけど、さすがにバスステーションの自販機では販売してなかった。

2018年01月28日-分26秒-DMC-LX9-321.jpg13:50

 定刻に発車です。

2018年01月28日-分30秒-DMC-LX9-327.jpg13:52

 歩いて来た道をバスで戻るのは不思議な感じです。

2018年01月28日-分53秒-DMC-LX9-330.jpg14:02

 こちらに来たときと違って、バス停で人を拾って走り、いつしか満員となりました。
 皆、帰宅の人たちなのかもしれませんね。

2018年01月28日-分14秒-DMC-LX9-334.jpg14:07



2018年01月28日-分32秒-DMC-LX9-336.jpg14:08



2018年01月28日-分06秒-DMC-LX9-337.jpg14:09

 そろそろ飲んでも大丈夫でしょう。バス旅、今回は初回ということで、怖がりすぎたかもしれません。
 あと、飲み物は、キャップ付きの方が汚れないし具合がいい、と身を以て知りましたよ……。

2018年01月28日-分43秒-DMC-LX9-349.jpg14:41



2018年01月28日-分23秒-DMC-LX9-355].jpg14:46

 明石海峡大橋です。帰ってきた……。

2018年01月28日-分58秒-DMC-LX9-365.jpg14:48

 本土です。

2018年01月28日-分26秒-DMC-LX9-368.jpg14:49

 高速舞子バスおりば。ちょうど一時間のバス行でした。

2018年01月28日-分21秒-DMC-LX9-371.jpg14:52



2018年01月28日-分26秒-DMC-LX9-372.jpg14:58



2018年01月28日-分54秒-DMC-LX9-373.jpg
14:58
 私はさっきまで、あそこにいたのだなぁ……。

2018年01月28日-分57秒-DMC-LX9-374.jpg15:03



2018年01月28日-分30秒-DMC-LX9-375.jpg16:06

 JR伊丹駅前。
 遅くもなく早くもなく、いい時間に戻って来れました。
 朝は辛かったけど、充実したいい一日をすごせました。
 満足です。

 では、今日のマップと記録です。
赤線(真っすぐライン) 青線(ルートライン) 緑枠(セーフゾーン)
ルートスタート A ゴール B  実走スタート(・) → ゴール(・) 黒線(ログ i-gotU GT-600 4秒間隔) 紅線(ログ DMC-FT5 15秒間隔)

(マップ左上のボタンとか押してみてください。)

 記録は、
・ライン  19.2km
・ルート  約21km
・TIME 09:11→12:53 (3h42m)
 でした。

 橋に上れるかで焦り、かと思えば逆に余裕でイートインで休憩した。ゾーンきわきわにスリルを感じ、うまくバスを利用できた時は内心得意になりました。そしてゴール成功を確信しつつ、最後は歩き切り、ちゃんと福良で食事もした。歩いたり乗ったり食ったり。なかなか良い旅だったんじゃないかと思います。
 また行きましょう!

(記 2018/2/9)


旅の記録 もくじ」へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


洲本市炬口→南あわじ市福良「イージーモード」(3)

前のページ ・続きページ

“真っすぐ”NO.34
2018/1/28(日)
31.jpg 走行予定ルート(青線)の全長は約21km。前に「平坦」と書きましたが正確には標高100m以内での起伏があります。
 対して私の脚力ですが、参考になるのはビワイチでの経験です。
 起伏のないフラットなコースで、今現在、徒歩20kmが限度でしょう。それ以上は、身体に大きなダメージを覚悟しなくてはなりません。楽しんで歩くのなら10kmがせいぜいです。そこら辺から足(くるぶしより先)が痛み出します。
 健脚者なら20km程度、さらっと走り切ってしまうのでしょうが、私の場合こんな事情なのでした。加えて、ちゃんと今日一日で終わらせる、翌日にダメージを持ち越さない、となると、やっぱり何か考えざるをえなくなるわけです。(これが二日あったら、多分、すべて歩いていたでしょう。そして福良で一泊したと思います。)
 また、そういった、どちらかといえばマイナス的な考え方でなく、「地元路線バスの旅」という魅力的な、プラスの意味での理由も大きく、つまりはこうしようと決定したのでした。

 念のため追記ですが、別にルール違反ではありません。スタートからゴールへ行く足はなんでもあり、と、ブログ開始の当初から書いてます。過去、タクシーだって利用したこともあるんです。第一、いままでスカブに乗って、やってきていたのですから。そういうことですのでお断りまで。

2018年01月28日-分49秒-DMC-LX9-238.jpg11:18

 で、このバス停は「久次米」、「くじめ」と読みます。
 時間は……。

2018年01月28日-11時19分02秒-DMC-LX9-239].jpg
11:19
 11:37のがありますね。あと約18分あります。
 実は計画時に、当然というかバス時間はチェックしていたわけで、それで途中、時間を気にしていたわけだったのでした。
 なにしろ、一本逃せば、次は2時間後です。仮にそうなったら、バスは諦めて歩いていたところでした。

「次は2時間後」の意味ですが、前後便、10時と12時のバスには『イング』の添え書きがあるでしょう。
 これは「イングランドの丘」を経由する便、という意味なのです。

2018年01月28日-分31秒-DMC-LX9-240].jpg11:26

 路線図では、こうです。
(これは主要地だけ抜き出した略図ですね。「久次米」は「広田」の左側にあります。)
 で――

21.png

「イングランドの丘」は、ご想像のとおりゾーンから外れているわけで、そのバスには乗るわけいかないのでした。

2018年01月28日-分30秒-DMC-LX9-242.jpg11:38

 来ました。ほぼ定刻通り。優秀ですね。
 待ち時間で体が冷えてしまいましたので、有難く思いました。

2018年01月28日-分03秒-DMC-LX9-243.jpg11:39

 中には乗客が一人だけ。ガラガラでした。
 訳あって一番前の席に座ります。

2018年01月28日-分33秒-DMC-LX9-245.jpg11:40

 理由はこれです。降りる場所を知るためです。事前の計画では、路線のバス停の全部は、調べていなかったのです。乗る場所、降りる場所の名前だけメモしてきた。だから一つずつチェックして、見落とさないようにするしかなかったのでした。

 ところで、乗り込むとき、整理券を取るの忘れてしまった!

2018年01月28日-分14秒-DMC-LX9-247.jpg11:44

 そんなこんなで挙動不審になってる私に、運転手さんが話しかけてきます。
 旅先の不慣れで乗車券を取り損ねたことを告げると、「7番(の料金)でね」と教えてくれたうえに、「どこで降りるの?」と。
 私、「しろ、いえ、と書いて、どう読むのか分からないんですが」と答えると。
「ああ、城家(じょうけ)ね」と。
 たったこれだけの、しかも業務的な言葉の交わし合いでしたが、ちょっと、楽しかったです。

2018年01月28日-分35秒-DMC-LX9-250.jpg11:53

 南あわじ市の賑やかな街並みが車窓をスムースに流れて、楽々、第2目的地に到着です。料金は420円でした。
 バス、良かったです! 快感でした。

2018年01月28日-分53秒-DMC-LX9-252.jpg11:53

 じょうけだ!(笑)

22.jpg
 久次米から城家まで、(マップの右端から左端まで、)約7.6kmを、14分で来たことに。
 これ、歩きだったら、疲労も加味して、2時間は掛かっていたと思います。さすが乗り物は速いや!

23.jpg
 ラインに寄り添うことにこだわるのならば、一つ手前のバス停で降りて、青線のように進めばよかったのでしょう。でも――
 バスに乗るなら乗ったで、それでギリギリまで攻めてみたいじゃないですか。だから、これでいいのです。

2018年01月28日-分59秒-DMC-LX9-253.jpg11:54

 右側(歩道)に移って(笑)、さぁ、行くぞ! ゴールまで、あと約4.6km!
 目前の建物、そこを右折です。

2018年01月28日-分22秒-DMC-LX9-254.jpg11:55

 この先を左折。

2018年01月28日-分56秒-DMC-LX9-255.jpg11:57

 なんか、国道の裏道的雰囲気のある道路を進みます。

2018年01月28日-分47秒-DMC-LX9-256.jpg11:59

 もう解禁してもいいでしょう。飲み物を楽しむことにします。
 ちなみに、今日のコース、適度に自販機とかコンビニがありますので、飲食物関係でピンチに陥ることはないと思われます。

2018年01月28日-分00秒-DMC-LX9-258.jpg12:01

 そんな油断が罠。
 暖かいのをチョイスしたのにコールドだったという。ヒドイ(笑)。

2018年01月28日-分00秒-DMC-LX9-259.jpg12:02

 ここら辺、道に迷う期待性・大、と思ったのですが。

2018年01月28日-分31秒-DMC-LX9-260.jpg12:03

 スマホの前には形無しで御座いました。
 なんなく予定のルートへ。

2018年01月28日-分47秒-DMC-LX9-261.jpg
12:03
 立派な木だわぁ……。
 二人の力士が相撲を取ってるようにも見えます。

2018年01月28日-分39秒-DMC-LX9-262.jpg12:07



2018年01月28日-分21秒-DMC-LX9-266.jpg12:08



2018年01月28日-分27秒-DMC-LX9-268.jpg12:09

 寒い中、綺麗だ。

2018年01月28日-分36秒-DMC-LX9-270.jpg12:11

 そこを左へ行けば。

2018年01月28日-分30秒-DMC-LX9-272.jpg12:12

 国道です。

2018年01月28日-分45秒-DMC-LX9-273.jpg12:12

 あとはこのままです。このまま道なりに進めば、ゴールです。

2018年01月28日-分13秒-DMC-LX9-275.jpg12:19

 バスを降りたら最後まで徒歩で、と決めていました。途中、バス停に差し掛かったときに、タイミングよくバスが来ても、利用しません。ゴールは自分の足でしたいし、下手にバスに乗って福良地区でゾーンアウトしたら、目も当てられませんしね。

2018年01月28日-分14秒-DMC-LX9-276.jpg12:23

 ああ、ここら辺、過去、スカブで二、三回、走ったことあるよ……。
 懐かしい感じがする。

2018年01月28日-分19秒-DMC-LX9-278.jpg12:27

 あとたったの2km!

2018年01月28日-分28秒-DMC-LX9-279.jpg
12:27
 通学の自転車少年が走り抜けていきました。

2018年01月28日-分46秒-DMC-LX9-280.jpg12:29



2018年01月28日-分34秒-DMC-LX9-281.jpg12:31

 最後の、峠です。少し足が痛いけど、大丈夫。行ける!

2018年01月28日-分35秒-DMC-LX9-283.jpg12:37

 あとは緩やかに下るだけ!

2018年01月28日-分40秒-DMC-LX9-286.jpg12:48



2018年01月28日-分11秒-DMC-LX9-287.jpg12:49
カーソルON! >>
 家の二階から、ワンコが通行人にワンワン吠えまくっておりました。

2018年01月28日-分06秒-DMC-LX9-289].jpg12:50

 あと300m、たったの!

2018年01月28日-分58秒-DMC-LX9-290.jpg12:51



2018年01月28日-分30秒-DMC-LX9-291.jpg12:52



2018年01月28日-分27秒-DMC-LX9-292.jpg12:53



2018年01月28日-分42秒-DMC-LX9-293.jpg12:53

 今、ゴールラインを――

2018年01月28日-分56秒-DMC-LX9-294.jpg12:53

 通過しました。ゴールです……。

 タイム、3時間42分、でした。

 ちなみに、“真っすぐ”走は第28走からそのスタイルを、“だいたいまっすぐ方式”から、“ゾーン方式”に変えています。
 変えてから今まで、えんえんと失敗続きでしたが、この第34走にて、ようやく――
 ようやく、“真っすぐ”走の成功を、貴方様に、報告する次第です……!

2018年01月28日-分30秒-DMC-LX9-295.jpg
12:54
 地表上のA地点からB地点まで、真っ直ぐに線を引くと、その線分は、大圏航路(たいけんこうろ)になります。すなわち、線分を延長すると、地球を一周する大円になるのです。

 見てください。
 幅1に対して長さ20の比率。細長い帯状のエリアを旅して来て、迎えた光景です。
 これは真っ直ぐの旅でした。
 ということは、地球の、(一部分だったとは言え、)大円の旅なのです。
 帯の端と端をつなげてリング状にしてみてください。
 あの、水平線の向こうに――すぐそこに――
 スタート地点があったのだと空想すると、奇妙な球形の感覚を、覚えないでしょうか?
 一つのお気軽な、変てこな、地球一周の旅。

 私たちは、今回、そんな旅をしたのでした。合掌――

24.jpg


25b.jpg


26b.jpg

2018年01月28日-分40秒-DMC-LX9-296.jpg
12:56 最後は“つまピョン”で締め!(笑)
 さぁ。家に帰るまでが遠足です。と、その前に――


(記 2018/2/8)

続きのページ
洲本市炬口→南あわじ市福良「イージーモード」(4)

旅の記録 もくじ」へ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


▲ページの先頭へ