徒歩にてビワイチ(琵琶湖一周)! 第11回:守山市今浜→近江八幡市長命寺(4)

前のページ ・続きページ

2018/06/02(土)
7938d7e010df2281246923bb47e56801.jpg写真、部分引用「滋賀県観光情報・長命寺



 さぁ(笑)。貴方様はすでに予想されてたかもしれませんが、そうなんです。今回は「私のビワイチ」初。コースの外側にも目を向けてみよう! という趣向だったのでした。
 思い起こすに、ビワイチを始めてから今まで、明らかにコース上に存在するものに関しては手を出したことはありましたが(たとえば神社とか、温泉とか、ウドン屋さんとか)、ちょっとでも外側に外れたものに関しては、「ビワイチに集中」「キワこそ命」のモットーのもと、あえて目を逸らし、パスして来ていたのでした。
 なのに今回。
 コースのゴール地点に、何やら面白げなお寺が存在する、と知って。
 折しも、バーチャル人生では老の域に突入し。
 バーチャル人生が実際の人生の私に影響し。
 今後は心に余裕を持ってもいいのではないか、という心境の変化が起こり。
 よし――
 ゴール後のイベントとして、仏さまに一つ、お参りでもしてみようかと、マジにそういう心になったわけなのでした。

 西国三十三カ所第31番札所 姨綺耶山(いきやさん) 長命寺(ウェブページ

 長命寺山(333m)の中腹(約250m)にある寺院です。開基(かいき)はなんと、あの聖徳太子と伝えられています。
 本尊は千手十一面聖観世音菩薩。

 なにより「面白い」のは、808段といわれる長い石段の存在です。ネットを漁るに、標準的所要時間、20〜25分。そして、808段登った先にあるお寺からの琵琶湖の眺めは、息を飲む美しさだと言うことです。
(一番意欲をかき立ててくれたページがここです!)

 石段を登る苦労話!
 上から眺める、美しい琵琶湖の写真!

 これはブログ映えするぞ、と(笑)。

 そういうわけで、今回、コース途中のコンビニでも缶ビール買うのを我慢して(笑)、ひたすらゴールを目指し、そして文句無しゴールしたのでありました。

長命寺.jpg
 そういうわけで第11回ビワイチ、イベント編の始まり、始まり! 目当ては今回二つです。
 一つ目は先の通り、長命寺。
 二つ目が湖畔の温泉、長命ずいかくの湯、さんです。
 石段を登り汗を絞り尽くしたところでお風呂に入る。カンペキなプランですね(笑)。さぁ参りましょう。

2018年06月02日-分43秒-DMC-LX9-299.jpg13:38

 バス停からすぐそこ。あそこ右です。

2018年06月02日-分48秒-DMC-LX9-300.jpg13:38

 ほうら、あった!
 観光客は誰もいません。いえ、いるのはいるのですが、観光バスだったりバイクだったり。私のように石段に挑む人は一人もいませんでした。ムフフン! なぜか誇らしく、楽しく、愉快になってきます(笑)。

2018年06月02日-分22秒-DMC-LX9-301.jpg
13:39
 石段808段! 確かに難敵ですが、作戦は立てて来ています。題して、「ゆっくり登ろう作戦」です。自分の体力はわきまえてる。油断なんかしません。ちょびっと登っては休み、またちょびっと登っては休み、を繰り返せば、時間かかるだろうけど、達成できるはずです。ナニ、今日は土曜日。一時間以上時間かかったって、全然平気なのです。
 さらにうまいことに、今日は、このとおりトレッキングポールを持ってきているんです。これだけ頼りになる武器があるんだったらもう、何でも来い、ってものですよ!

 さぁ来い! よし来い、どんと来い――!


2018年06月02日-分42秒-DMC-LX9-302.JPG
13:39
 ふむふむ、左側通行ね……。わかった、OK! じゃあ、
出発だ!!!

2018年06月02日-分04秒-DMC-LX9-303.jpg
13:42
だめだこりゃ。(←チョーさん)
ギブギブギブ!!!(笑)(笑)(笑)

2018年06月02日-分14秒-DMC-LX9-304.jpg13:42

 ちょびっと登っては休み、またちょっと登っては休み、それでも。なんとも、30段も登ったかどうかって所で、動けなくなってしまいました!(笑)
 石段に座り込みます。
 苦しい!(笑)
 胸が焼ける!
 長命寺どころか、もうね、残りの寿命、一気に、ゴッソリと持って行かれるような、摩滅させられるような、そんな空恐ろしい感覚にのし掛かれましたです。

 思い起こすに、ビワイチ初回。前半山岳ステージ。後半フラットステージで運が良かったと。あれがもし、逆だったら。初回からアウト、になっていたでしょう。
 なんにしろ――

 ここで、退却です。今の私に、攻略できるイベントではありませんでした……。

5.jpg 長命寺、どうしようかなぁと思ったのですが、もし――
 私にビワイチの2周目があったとしたら、その時はキワに拘らず、ノーマルルートを効率よく歩き。そしてその時こそ(長命寺のように)ルート内外、近辺にあるものに目を向け、楽しんでみよう。そう考えたのでした。何なら、ビワイチでなく。ただの単発の、観光でもいい。そう思ったのでした。

 今は、第2目的地にゴーです。

2018年06月02日-分48秒-DMC-LX9-305].jpg13:45

 ホント、へろんへろんになって到着です。
 天然温泉、長命ずいかくの湯
 ここはかなり良かったです。温泉の他、マッサージ師がいて、さらに食事もできます。
 私は入浴、マッサージ、食事の順で利用したのですが、最後の食事は昼の部の時間切れでアウト。食事とマッサージを逆にしたらよかったと悔やんだのでした。(そうしていたら利用客用の送迎バスも時間が合ったはずで、かなり惜しい思いがしました。)
 受付もマッサージ師も気配りができていて本当に気持ちよかった。また機会があったら来てみたいです。

2018年06月02日-分48秒-DMC-LX9-308.jpg15:18

 さぁ、家に帰りましょう。
 実は、温泉に入ることは事前に決めていたことなので、新しい衣服に交換しています。行動中は重かったのですが、おかげで気持ちいいです。持ってきてよかった。

2018年06月02日-分57秒-DMC-LX9-309.jpg15:34

 路線バスが来た。

2018年06月02日-分48秒-DMC-LX9-311.jpg
15:37
 初めての路線バスは、思いがけない光景に連れて行ってくれて楽しいです。

2018年06月02日-分33秒-DMC-LX9-313.jpg15:43



2018年06月02日-分04秒-DMC-LX9-314.jpg15:46



2018年06月02日-分31秒-DMC-LX9-317.jpg15:57

 はい、到着です。

2018年06月02日-分41秒-DMC-LX9-318.jpg15:58

 JR近江八幡駅。

4.jpg
 中々楽しめました。

2018年06月02日-16:02分06秒-DMC-LX9-320.jpg

 本来ならすぐ電車乗って帰宅するところですが、今はもう――
 肉体の底の方がうごめいているというか。地獄の業火というか。とにかくエネルギを欲して止まず。

2018年06月02日-16:11分38秒-DMC-LX9-321.jpg

 食い物にがっついたのでありました。
 とにかく今すぐ満たさねば、危ない――
 そんな意識でした。

2018年06月02日-分43秒-DMC-LX9-324.jpg16:36

 新快速の存在が有り難かった。

2018年06月02日-分48秒-DMC-LX9-326.jpg18:02

 JR伊丹駅に帰ってきました。

 この日は家に帰ってバタンキュー。
 体調が復活するに、数日かかりましたです。

 でもまあ、楽しかったよ!

 では、今日のマップと記録です。
青線(ルートライン)
ルートスタート A ゴール B  実走スタート(・) → ゴール(・) 黒線(ログ i-gotU GT-600 4秒間隔) 紅線(ログ DMC-FT5 15秒間隔)

(マップ左上のボタンとか押してみてください。)

 記録は、
・ルート  約15km
・TIME 08:55→13:33 (4h38m)
 でした。

 さぁ。次はどうする? 難しいぞ(笑)。では!


(記 2018/07/01)

・続きのページ
徒歩にてビワイチ(琵琶湖一周)! 第12回:近江八幡市長命寺→近江八幡市堀切港〜???

徒歩にてビワイチ(琵琶湖一周)! 総合目次
記録(距離&時間)
01)2016/04/16(土)琵琶湖北端スタート!
長浜市塩津(JR近江塩津駅)
 ↓ 約25.6km 約7時間55分
長浜市大浦(JR永原駅)

02)2016/05/21(土)
長浜市大浦(JR永原駅)
 ↓ 約20km 約4時間17分
高島市今津(JR近江今津駅)

03a)2016/07/02(土)
高島市今津(JR近江今津駅)
 ↓ 約12.4km 約3時間27分
高島市安曇川町北船木(タクシー→JR近江高島駅)

03b)2016/08/07(日)
高島市安曇川町北船木(JR安曇川 タクシー→北船木)
 ↓ 約9.6km 約2時間25分
高島市勝野(JR近江高島駅)

04)2017/02/18(土)
高島市勝野(JR近江高島駅)
 ↓ 約16km 約4時間29分
大津市木戸(JR志賀駅)

05)2017/03/11(土)→12(日)
大津市木戸(JR志賀駅)
 ↓ 約15km 約4時間54分
大津市堅田(JR堅田駅)

06)2017/04/16(日)
大津市堅田(JR堅田駅)
 ↓ 約10km 約2時間54分
大津市阪本(JR比叡山坂本駅)

07)2017/06/03(土)
大津市坂本(JR比叡山坂本駅)
 ↓ 約8km 約3時間14分
大津市浜大津(JR大津駅)

08)2017/07/15(土)
大津市浜大津(JR大津駅)
 ↓ 約7km 約2時間9分
大津市唐橋(JR石山駅)

09)2017/08/06(日)
大津市唐橋(JR石山駅)
 ↓ 約13km 約3時間54分
草津市下物(JR草津駅)

10)2018/02/18(日)
草津市下物(JR草津駅)
 ↓ 約10km 約4時間8分
守山市今浜(JR堅田駅 , JR守山駅)

11)2018/06/02(土)
守山市今浜(JR堅田駅 , JR守山駅)
 ↓ 約15km 約4時間38分
近江八幡市長命寺(JR近江八幡駅)
------------------
累計
約161.6km(ルート距離)
約48時間48分

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ


徒歩にてビワイチ(琵琶湖一周)! 第11回:守山市今浜→近江八幡市長命寺(3)

前のページ ・続きページ

2018/06/02(土)
2018年06月02日-分42秒-DMC-LX9-199.jpg
11:55
 今、バーチャルオヤジの立場でバーチャル若造の軌跡を顧みるに、少々、意固地すぎたかなと。
 これまでずっと、キワにこだわり、ルートのその外側には一切関心を持たずにここまでやって来た。若者らしい純粋さとも言えるが、いささか、拘ることに拘りすぎてしまったのではないかと思うのだ。
 バーチャル人生の終末域に突入しようとしてる今、そしてリアルに独り身である自分に今、もの凄いナニやらが覆い被さってくるのだった。
 我が人生、もう少し、何とかならなかったものかと!
 今更である。
 なら、これからの人生、どうするのか?
 たとえば、もう良いのではないか? そろそろ、キワの外側にも関心を少し、向けてやってもイイのではないだろうか?
 宗教なんて笑っちゃうほどしか関心ないのだが、そう、ビワイチしてる今くらいは、大いなる、たとえば慈悲たる仏様に甘えてみるのも、一つの試し、というものではないだろうか――?

 そんなこんなのことを、今回、思ったのでありました。
(ウフフ!)

 ――さぁ、行こか!

2018年06月02日-分46秒-DMC-LX9-200.jpg11:58

 行き止まり(笑)。どうやら河口のようですね。陸がありません。

2018年06月02日-分51秒-DMC-LX9-201.jpg11:58

 ここから川岸沿いに歩道に行けるかと思ったのですが、無理っぽい。

2018年06月02日-分02秒-DMC-LX9-203.jpg11:59

 参考までに沖側はこのとおり。マァ、美しい(笑)。

2018年06月02日-11:58分58秒-DMC-LX9-202.jpg

 そういうわけで引き返すことになるのですが、ここら、見ての通り、ひとけのない、隠れ家的な感じであり、美しく、なんか穴場的な雰囲気が感じられて。マジ、たとえば、モデルさんとか呼んで、撮影会でも開催したらいいんじゃね? とか大真面目に思ったりも、したのでした。よほど疲れていたのだと思います。

2018年06月02日-分03秒-DMC-LX9-204.jpg12:00

 最短で歩道に戻る(笑)。草ボーボー。かなわん。

2018年06月02日-分13秒-DMC-LX9-205.jpg12:01

 歩道直前がこれ。つまり、歩道から見れば、「入るな!」ということ。

2018年06月02日-分52秒-DMC-LX9-206.jpg12:01



2018年06月02日-分09秒-DMC-LX9-208.jpg
12:03
 橋の中央から見て、さっきの場所が、あそこでした。なるほど、雰囲気がある。

1103-1.jpg
 マップではこの通りで、プラン時、ここは眺めてみたいな、と思った場所でした。
 写真のとおり、地形図のようにはなっていなかったのですが、多分。湖面が下がればこの図のようになるのではないか、と思いましたです。

2018年06月02日-分48秒-DMC-LX9-207.jpg
12:02
 そして向こうの風景です。これは、何というか、削り取った美、というか……?

2018年06月02日-分14秒-DMC-LX9-209].jpg12:04

 この気温計的には涼しいはずなのですが、暑いです。

 ところで正午(12時)になった際、地域に時刻を知らせる放送が流れました。
 思い出して欲しいのですが、今回のコースの長さは約15kmです。で、9時出発でしたから、つまり、普通に歩いとったら、今頃ゴールできてるはずなのです。
 よほど、非効率的に遠回りしてるのだ、と焦りの気持ちを感じたりしました。

2018年06月02日-分14秒-DMC-LX9-210.jpg
12:05
 正確にあそこ、と指させませんが、実はもう、ゴールは見えているんでしょうね。

2018年06月02日-分56秒-DMC-LX9-212.jpg
12:06
 さ、これは分かりやすい。見えています、写真中央の二つの岡(山)です。

2018年06月02日-分25秒-DMC-LX9-214.jpg12:08
<< カーソルON!
 いいね。
 バーチャルオヤジと、誰かのヤング時代が重なってるよ。

2018年06月02日-分31秒-DMC-LX9-216.jpg12:09



2018年06月02日-分01秒-DMC-LX9-218.jpg12:14

 例によって水門からの眺め。

2018年06月02日-分11秒-DMC-LX9-219.jpg12:14

 そしてここですが、ちょっと微妙。

2018年06月02日-分15秒-DMC-LX9-220.jpg12:14

 パスしてとにかく距離を稼ぐことに。

2018年06月02日-分01秒-DMC-LX9-222.jpg12:18

 はい、ここ。
 車やバイクの時代、ここは普通に、湖岸道路で岡を左回りにパスしていました。それしか道はないので。

2018年06月02日-分00秒-DMC-LX9-225.jpg12:20

 今回初めてです。ここを左折し、湖沿いに進むのは――

2018年06月02日-分09秒-DMC-LX9-226.jpg12:20

 誰かの所有地みたいで入りづらい感じがするのですが……。

1103-3.jpg
部分引用「ビワイチ観光ウオーキングマップ
 ちゃんとビワイチのルートになってるし、信じて進むことに。

2018年06月02日-分18秒-DMC-LX9-227.jpg12:21

 アハハ? こんなとこ勝手に通っていいのかよ?

2018年06月02日-分31秒-DMC-LX9-228.jpg12:21

 ホントに道路かい? なんだか人様の庭先を横切る思いもして――

2018年06月02日-分46秒-DMC-LX9-229.jpg
12:21
 家の人におかれては、景色一人占めでうらやましいことです。

2018年06月02日-分53秒-DMC-LX9-230.jpg
12:21
 んで、背後は山壁ですよ。まるでジャングルだね。

2018年06月02日-分04秒-DMC-LX9-231.jpg12:22

 ん?

2018年06月02日-分31秒-DMC-LX9-233.jpg12:22

 神社がありましたよ……。

2018年06月02日-分23秒-DMC-LX9-232.jpg12:22

 なんとコメントすべきか……。ここがそうだったんですか。

2018年06月02日-分11秒-DMC-LX9-234.jpg12:23



2018年06月02日-分36秒-DMC-LX9-236.jpg12:24



2018年06月02日-分23秒-DMC-LX9-237.jpg12:27

 というわけで、湖岸道路に合流です。

1103-2.jpg
 ちなみに緑色したエリアは誰かの所有地で、進入はできませんでした。

2018年06月02日-分59秒-DMC-LX9-239.jpg12:28

 さぁ――

2018年06月02日-分42秒-DMC-LX9-242.jpg12:32

 暑い。ちょっと、きつくなってきたかな。

2018年06月02日-分56秒-DMC-LX9-243].jpg12:32

 綺麗だね。

2018年06月02日-分40秒-DMC-LX9-244.jpg12:33



2018年06月02日-分42秒-DMC-LX9-245.jpg12:36



2018年06月02日-分06秒-DMC-LX9-246.jpg12:37

 ここは、ハッキリと、行けません。

2018年06月02日-分26秒-DMC-LX9-247.jpg12:37

 草ボウボウだもんね。

2018年06月02日-分10秒-DMC-LX9-250].jpg
12:41
 電光掲示板は、「ビワイチ サイクリングアプリ」「好評配信中! ビワイチGO」を繰り返し表示していました。
 ビワイチ、メジャーになってきているんだなぁ、と思いましたです。

2018年06月02日-分50秒-DMC-LX9-251.jpg12:42

 ここは……行けそうです。なら、行くしかない。

2018年06月02日-分12秒-DMC-LX9-252.jpg12:43

 なんとも……。

2018年06月02日-分07秒-DMC-LX9-253.jpg12:47

 俺は意義がありそうで実は何にもないことを、苦労してやっているんだなぁ、と思ったりしたよ(笑)。

2018年06月02日-分39秒-DMC-LX9-254].jpg12:47



2018年06月02日-分14秒-DMC-LX9-255.jpg12:48



2018年06月02日-分26秒-DMC-LX9-256.jpg12:48



2018年06月02日-分07秒-DMC-LX9-258.jpg
12:49

2018年06月02日-分32秒-DMC-LX9-259.jpg12:49



2018年06月02日-分41秒-DMC-LX9-261].jpg12:56

 これは無念でした。ピントが合ってない。

2018年06月02日-分49秒-DMC-LX9-264.jpg12:56



2018年06月02日-分51秒-DMC-LX9-266.jpg12:57



2018年06月02日-分56秒-DMC-LX9-267.jpg13:00

 ちょっと迷いかけましたが、道はこっちです。一時、湖岸道路から外れます。

1103-7.jpg部分引用「ビワイチ観光ウオーキングマップ

 本日第2のチェックポイント。ここも、場所が分かりづらい。第一、湖岸道路から遠回りしないとならない。湖岸道路と垂直に連絡されてなくて、この頃には足に来ていて、そこに行くのに、なかなか辛いものがありました。

2018年06月02日-分28秒-DMC-LX9-268].jpg13:06

 屋外ではシニアの野球ゲーム、そして屋内では何だったろう? 学生さん方の、何か(バスケとかバレーの)試合が催されていました。

2018年06月02日-分28秒-DMC-LX9-273.jpg13:09

 もう、登るのもしんどく、この位置で写真撮って済ませます……。

2018年06月02日-13:07分33秒-DMC-LX9-270.jpg

 まずは一服。水分と糖分。今日は、水分補給に関しては、トラブルなかったな。

 途中にあったコンビニでも(2ページ目参照)、真面目に缶ビールは購入しなかったし(笑)。←不思議でしょう。ちゃんと意味があるんです(笑)。

2018年06月02日-分12秒-DMC-LX9-274].jpg13:10

 では、チェックです。

2018年06月02日-分56秒-DMC-LX9-276.jpg13:10

 最初靴ひも解いて上がらないとならないのかと、げっそりしましたが――

2018年06月02日-分51秒-DMC-LX9-277.jpg13:11

 すぐそこにありました。スタンプゲットです。

 さあ、ラスト!

2018年06月02日-分47秒-DMC-LX9-279.jpg13:18

 運動公園を出て、湖岸道路までの直線が遠い(笑)。
 足が重く、先を歩く学生さん達に、とうとう追いつけず。
 オヤジだ(笑)。

1103-4.jpg
 この遠回りは辛かったです。
 体育館から直線道路に出るときも、これは勘で進んで最短距離というラッキーでした。でなかったら、更に大回りになるところでした。

2018年06月02日-分13秒-DMC-LX9-280.jpg13:25

 最後の川。

2018年06月02日-分20秒-DMC-LX9-281.jpg
13:25
 橋から河口まで百メートル以上ありますが。写真に見えているその水紋がね、不思議なことに、直線を崩すことなく、同時にシュパッと走るんですよ。普通は時間差があって歪むように波になると思うんですけど、まるでCG画像でも見るようでした。

2018年06月02日-分26秒-DMC-LX9-283].jpg13:26

 左折。さぁ――

2018年06月02日-分49秒-DMC-LX9-287.jpg13:28

 ラストスパート。

2018年06月02日-分22秒-DMC-LX9-289.jpg13:33

 ゴールです……。
 やれやれ、お疲れ様でした。今回は無事で良かったです。
 記録は、
・ルート  約15km
・TIME 08:55→13:33 (4h38m)
 でした。

1103-5.jpg


2018年06月02日-分47秒-DMC-LX9-295.jpg13:35

 証拠写真撮ろうとして失敗。ピントお……(笑)。

2018年06月02日-分06秒-DMC-LX9-298.jpg
13:37
 とにかく暑く、そして疲れましたです。距離が行かないのも心理的に辛かったです。
 つまピョンもいっぱいいっぱいだ。

1103-6.jpg
 まだまだ、あと1ページ……。(ウフフ!)


(記 2018/06/23)

・続きのページ
徒歩にてビワイチ(琵琶湖一周)! 第11回:守山市今浜→近江八幡市長命寺(4)

徒歩にてビワイチ(琵琶湖一周)! 総合目次
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ


▲ページの先頭へ