宿毛市→伊丹市「2017春分の日連休」

前のページ

2017/3/19(日)

 本ページでは、宿に行って、メシ食って、寝て、翌日、家に帰るまでを記述。

 先述のとおり、写真は以下ずっと、帰宅するまで、スナップに慣れてないLX100によるものです。色調とか変なところもありますが、気にしないでくださいね。
(・_・)

※ ※ ※

2017年03月19日-分51秒-DMC-LX100.jpg17:25

 この時は、とにもかくにも、海に到着したのだ、というふうに気分を慰めて、宿に向かったのでした。

やどまで.jpg
 場所はここね。
 プランニング時は、せっかくスマホ所持する身分(笑)になったのだから、予約なしで出かけて、現地で宿を見つけたらいいのでは、と思ったものですが、それやらないで事前にしっかり予約して良かったです。
(^_^;)

2017年03月19日-分31秒-DMC-LX100.jpg17:29
<< カーソルON!
 島から本土に渡る橋の上から、さっきの水門を外側から見る。
 ……ぴっちり閉ざされているようです。あきらめましょう。

2017年03月19日-分45秒-DMC-LX100.jpg17:29



2017年03月19日-分17秒-DMC-LX100.jpg17:32

 道路左側、見えてきました。今夜の宿です。


 なんて言うか、昭和のホテル、という印象でした。壁が薄くて、屁もこけません(笑)。テレビも音量に気を遣います。トイレも、水を流す音が盛大で、ハラハラします。
 周囲にはぽつぽつと食い物屋があり、少し歩かないとなりませんがコンビニもあります。それ以外は普通でした。

2017年03月19日-17:59分49秒-DMC-LX100.jpg

 ここに置かせてもらって、中へ。

2017年03月19日-17:56分31秒-DMC-LX100.jpg

 非常口の窓から、松田川河口、そして海方向の眺め。このホテル、ここからの眺めが一番だったな(笑)。
 おかげで、部屋のようすの写真を撮り忘れたという。
(^_^;)

2017年03月19日-18:13分47秒-DMC-LX100.jpg

 最初、外に食べに行こうとしたんですよ。そしたら、フロントの娘っこがさ、併設してあるレストランでの食事を積極的に勧めてきてさ……。刺身でも飲むのでも何でもできる、ということで、心が動いて、じゃあ、食事はそうすることにしました。
 ただ、このとき、コンビニに用事があったので、場所を聞いて外に出たのでした。
 用事とは、ビニルテープが入り用になった、てことです。

 なにそれ? って……(笑)。

P1100837.jpg(これは翌日に撮った写真です。)
 今日、“真っすぐ”中に、山の中で、「ぴきんっ」という、状況にありえない“異質な音”を聞いた、というオカルト的な経験をしました。
 その音の正体がこれだったのです。蓋を閉じるフックが折れてた。

P1100838.jpg 深く暗い山の中、狭い悪路の中で、焦って強引な切り替えしでUターンしたとき、普段ならあり得ない急角度でのハンドルの切りっぷりで、ハンドル中央にセットしてたカーナビが、スカブのこのポケットの蓋の溝に押し当たって、力を伝えてしまって、ポキッと……。

P1100836.jpg ガバガバです。それで、ビニルテープが入り用になった、というわけなのでした。
 これ、修理に、どれだけ万円かかるんだろ? あ〜あ……。

2017年03月19日-18:16分33秒-DMC-LX100.jpg

 コンビニではそのほか、夜食とアルコール。
 ホテル正面の酒屋で、お土産用の地酒4合瓶一本買って、部屋に戻ったのでした。

2017年03月19日-18:34分36秒-DMC-LX100.jpg

 ホテル併設のレストランてのは、まるきり、昭和の喫茶店、みたいなカンジでした。
(´ω`*)

 ビールに酒、コーヒーもジュースも出す。
 刺身定食、タタキも出す。肉もある。
 パスタも麺類も出す。
 とにかく何でも作って出す!(笑)
 なるほど、娘っこの言い分は正しかったと思いましたよ。
 ここに泊まるなら、よそに食いに行くこたないです。

2017年03月19日-18:53分53秒-DMC-LX100.jpg

 今日はどうかしている。お品書きの写真も、撮るの忘れたよ。
 おかげで料理名が分かりませんが、たしか、くろしお御膳だった、ような……?
 まぁ、いいや。

2017年03月19日-18:59分57秒-DMC-LX100.jpg



2017年03月19日-18:54分32秒-DMC-LX100.jpg

 というわけで、どうも、どうも。
(^▽^)

2017年03月19日-18:55分56秒-DMC-LX100.jpg



2017年03月19日-19:01分42秒-DMC-LX100.jpg



 オッサンになって、そこそこのトシヨリになって、何に一番、自分に幻滅したかというと、食い意地、飲みっぷりが、きたなくなってしまった、ということです。
 この食事の後、部屋にもどって、コンビニで買った夜食とアルコールをさらに摂取してしまいました。アルコールに関して、歯止めがきかなくなってしまったようです。あるだけ飲んでしまう。

 で――

 深夜に目が覚めて、トイレへ。
 バカ飲みの報い、下痢です。(私自身の日記のために正直に記す。)
 それも、計2回。
 夜間、盛大に、流す音を響かせてしまったのでした。

※ ※ ※

2017/3/20(月)

 結局、なんとか、大丈夫。治まった(笑)。

2017年03月20日-分44秒-DMC-LX100.jpg06:40

 帰る日です。
 きょうはゆっくり出発でいい。ホテルで朝食を頂きます。

2017年03月20日-06:58分23秒-DMC-LX100.jpg

 洋定食。昭和です。
 でもね、そうですよ。これでいいと思う。
 バイキング形式よりも、こっちに、ずっと好感をもてます。おいしく頂きました。

2017年03月20日-07:19分46秒-DMC-LX100.jpg

 さぁ、帰りましょう。荷物の搭載。

2017年03月20日-07:20分02秒-DMC-LX100.jpg

 おっと、ホテルの写真、忘れてたな。
 お世話になりました。

2017年03月20日-分53秒-DMC-LX100.jpg07:27

 ホッカイロなくても大丈夫そうです。よし、発進!

返る.jpg
 黒線はi-gotU GT-600によるログです。こんなふうに帰りました。ほぼ、高速道です。
(例のバッテリーの関係で、DMC-FT5はログのサブ機として働かせていたのですが、折角の配慮が、逆に気を遣いすぎて置き場所にしくじって、FT5では良好な記録は取得できませんでした。残念。)
 四国中央部から瀬戸大橋直前までの区間、データが飛んでいますが、連続するトンネル群で、電波をロストしてしまったのだと思います。

 最初、宇和島を回る国道、右回りの帰還を考えていたのですが、天気が昼くらいから下り坂になるとの予想だったので、ちょっとつまらないのですが、昨日のルートを逆戻りするカンジで帰宅することに。
 まぁ、貴方様ならご存じ、私は最終日は脇目も振らず直帰しますので、これでいいんです。

 淡路島、明石海峡大橋を使わず、瀬戸大橋を選択したのは、ルートに、それでも少しは変化を付けたかったのと、時間的にそんなに差がない(グーグルマップ調べ)のに高速料金がこちらの方が安かったからです。

2017年03月20日-分02秒-DMC-LX100.jpg07:57

 国道56号を逆戻りです。

2017年03月20日-分37秒-DMC-LX100.jpg08:00

 昨日の、くろしお鉄道、古津賀駅。いつか、乗ってみたいです……。

2017年03月20日-分05秒-DMC-LX100.jpg08:25



2017年03月20日-分57秒-DMC-LX100.jpg09:41

 四万十町から高速に乗って、南国SAにて給油休憩。

2017年03月20日-分44秒-DMC-FT5.jpg11:00

 慣れないカメラゆえに写真もろくに撮らずに瀬戸大橋へ。

2017年03月20日-分51秒-DMC-FT5.jpg11:02



2017年03月20日-分01秒-DMC-FT5.jpg11:03



SA.jpg そうだね……折角だから、与島(よしま)PAに寄ってみますか。それくらいしても大丈夫でしょう。

2017年03月20日-分01秒-DMC-LX100.jpg11:05

 はい、到着。
 ここ、初めて訪れました。バイク沢山並んでて、人気の所のようです。

2017年03月20日-11:05分26秒-DMC-LX100.jpg

 あちらから来て。

2017年03月20日-11:05分43秒-DMC-LX100.jpg

 あそこから下りてきました。

2017年03月20日-11:16分35秒-DMC-LX100.jpg

 いろいろと見て、写真とって(省略)、まぁ、食っていくかと。

2017年03月20日-11:17分43秒-DMC-LX100.jpg

 またしてもメニュー撮り忘れ。とにかく、ウドンです。
(^_^;)

2017年03月20日-分48秒-DMC-FT5.jpg11:36

 出発!

2017年03月20日-分11秒-DMC-FT5.jpg11:37



2017年03月20日-分01秒-DMC-LX100.jpg13:41

 ほぼ順調に来たのですが、宝塚手前のトンネルで事故渋滞。
 スカブのパネルの温度計が徐々に上昇していき、ハラハラしました。

2017年03月20日-分56秒-DMC-LX100].jpg14:13

 無事に帰宅です。
 今日のデータ。

2017年03月20日-分13秒-DMC-LX100].jpg14:14

 そして、二日間のデータです。
 燃費、悪くなったな……。

 というわけで、お疲れさんでござんした!



(記 2017/4/15)


旅の記録 もくじ」へ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


黒潮町田野浦→宿毛市大深浦「最新のお古」(2)

前のページ ・続きページ

2017/3/19(日)

(〃´o`)=3
 では一気にゴールまで。

※ ※ ※

2017年03月19日-分23秒-DMC-LX100.jpg16:19

 明るい世界にようやく気持ちもほぐれ、元気も回復。山を下りてきます。

 このずっと先で右です。

2017年03月19日-分01秒-DMC-LX100.jpg16:21

 小川に沿って西向きに。

2017年03月19日-分29秒-DMC-LX100.jpg16:23

 またしても中筋川に到達。橋を渡らず、手前で左折。

2017年03月19日-分54秒-DMC-LX100.jpg16:24

 またしてもやって来た車を今度はこちらが待って通らせ、そして堤防の道を進みます。

2017年03月19日-分41秒-DMC-LX100.jpg16:25

 中筋川から一旦離れ、名も知らぬ小川に沿って南向きに。
 あの橋を渡ります。

2017年03月19日-分30秒-DMC-LX100.jpg16:26

 渡ってからは、バイパス56号に向かい……。

2017年03月19日-分49秒-DMC-LX100.jpg16:27



2017年03月19日-分57秒-DMC-LX100.jpg16:28



2017年03月19日-分20秒-DMC-LX100.jpg16:29

 バイパス56号にピタリと寄り添って進みます。
 バイパスの車、なんで、どうやってその道(ここ)走ってんだろな、と思ってるかな?(笑)

2017年03月19日-分23秒-DMC-LX100.jpg16:30

 今度はバイパスの左側へ。
 写り込んでいるのはLX100のストラップでしょうね。不慣れなもので……。

2017年03月19日-分22秒-DMC-LX100.jpg16:32

 何となく気づかれた方もいらっしゃるでしょう。今回のレポ、縦向きの写真の比率が高いことに。慣れないLX100によるスナップショット、横向きよりも縦向きの方が、やりやすかったのでした。

2017年03月19日-分47秒-DMC-LX100.jpg16:32

 ナビに従い、そこでまた右です。

2017年03月19日-分16秒-DMC-LX100.jpg16:33

 そしてあそこを左折。

 それにしても、味のある道ですね……。
(´ー` )

2017年03月19日-分25秒-DMC-LX100.jpg16:34

 はい、市道に到達です。
 左折で……。

2017年03月19日-分43秒-DMC-LX100.jpg16:34

 バイパスをまた横切るのです。まっすぐ。

111.jpg 今ここら辺。マップの右端。
 これから56号バイパスを横切って、緑の区域、工業団地地区を走って行きます。

2017年03月19日-分27秒-DMC-LX100.jpg16:36

 道なりにまっすぐ進んで、ゆるやかに下って。

2017年03月19日-分25秒-DMC-LX100.jpg16:37

 あそこ、県道21号。右折です。

2017年03月19日-分27秒-DMC-LX100.jpg16:38

 県道はちょっとだけ。すぐに左折で、細い道に入っていきます。

2017年03月19日-分25秒-DMC-LX100.jpg16:39

 ここらでナビデータをパート3にチェンジ。
 ラストスパートです。

2017年03月19日-分19秒-DMC-LX100.jpg16:41

 くろしお線をくぐり抜け……。

2017年03月19日-分40秒-DMC-LX100.jpg16:41

 ピンボケすまぬ。
 あそこ……。

2017年03月19日-分30秒-DMC-LX100.jpg16:43

 国道56号に到達。西進します。

2017年03月19日-分55秒-DMC-LX100.jpg16:48

 さすが、国道は走りやすいのですが、ここでまた、“真っすぐ”の意地を見せて(笑)。

112.jpg“真っすぐ”(笑)。我ながら、難儀なことしてます(笑)。

2017年03月19日-分04秒-DMC-LX100.jpg16:50

 途中の光景。

2017年03月19日-分34秒-DMC-LX100.jpg16:50

 で、独りよがりですが満足して(笑)、国道に復帰です。左へ。

2017年03月19日-分40秒-DMC-LX100.jpg16:51

 宿毛市のど真ん中を通過する都合上、ここで右進行です。県道4号です。

2017年03月19日-分53秒-DMC-LX100.jpg16:52

 この先、川(松田川)を越えてから右へ進みます。そのあと――

2017年03月19日-分14秒-DMC-LX100.jpg
16:54
 ――左で、市内に進行です。
 商店街の街灯が好きです。どこか異世界に迷い込んだよう。

113.jpg こんな所。

 後でログ(黒線)を確認して悔やんだことですが、ナビに従ったら、もともと考えていたルート(青線)を、一部外してしまってたことです。これは、ちょっと残念でした。

2017年03月19日-分55秒-DMC-LX100.jpg16:57

 街中を無事に通り抜けて、国道56号に。右折。

2017年03月19日-分07秒-DMC-LX100.jpg16:59

 すぐに県道7号に左折。もはや、大丈夫です。このまま道なりで――

115.jpg ゴールが待ってます。

2017年03月19日-分53秒-DMC-LX100.jpg17:00

 そろそろ……。

2017年03月19日-分16秒-DMC-LX100.jpg17:02

 まだか……?

 と、思ってたら――

 えっ? えっ? えっ?

 通り過ぎた――???

2017年03月19日-分17秒-DMC-LX100.jpg17:04

 あとでログでも見て笑ってください。
(^_^;)
 引き返してきて、ゴールです。

 でも、ここが――?
 ゴール?

 ここ、海、海なのですか?

2017年03月19日-分48秒-DMC-LX100.jpg
17:04 とりあえずは、プランどおり走ったのですから。
 記録しますが……。

“真っすぐ”NO.33
2017/3/19(日)
黒潮町(くろしおちょう)田野浦→宿毛市(すくもし)大深浦
ライン長さ  30.1km
ルート距離  36km
真っすぐ度  0.836
ルート評価  25.2km
実走距離   38.6km (19.6km/h ; 20.7km/L)
TIME 15:06→17:04 (1h58m)


 事前の予測どおり、ルートを約2時間で走れた。それは、いいのですが……。

2017年03月19日-17:06分25秒-DMC-LX100.jpg

 ちょっと、行けるだけ歩いてみましょう。

2017年03月19日-17:09分42秒-DMC-LX100.jpg

 ここまで。

2017年03月19日-17:09分54秒-DMC-LX100.jpg

 あれは……水門?

2017年03月19日-17:11分56秒-DMC-LX100.jpg
 角度が悪い。仕方なしに引き返します。

2017年03月19日-17:14分32秒-DMC-LX100.jpg

 スマホマップを起動させて、だいぶ戻った場所、角度的に良い感じの所で、ズーム撮影。
 やはり、水門。そして、閉ざされている様子。
 ということは――

115-2.png ここ(黄色枠)、もしかして川なんじゃないでしょうか……???

 いや、仮にそうだったとしても、あそこ(赤色枠)が外に解放されていたら、仮にでも海だと、強引をかますことが出来たかもしれません。
 ですが、この場合は……。

 ここは、海か川かと問われたら、どちらかと言えば、どうにも、“川”の比重の方が高いような気がします。
 つまり、今回は――

“真っすぐ”史上初、プランニング最初の段階での、コース設定ミス。

 つまり、今回もまた、“真っすぐ”失敗、ということに!
 いや、実はまだ、この時、フォローできる可能性はあったのです。

117.jpg
 現場判断で、道を前へ進めばよかった。そしたら、今度こそはっきりと海。おまけに“真っすぐ”のラインも2.7kmほど伸ばせる。それこそ万々歳だった。
 だが後の祭りです。この時、焦って判断を誤ってしまった!

2017年03月19日-分24秒-DMC-LX100.jpg17:24

 モヤモヤした思いをハッキリさせるために、とにかく海に行かなきゃならない、との、それだけの思いで、直近の海に行ってしまった。

2017年03月19日-分38秒-DMC-LX100.jpg17:25

 それが、ここ。はっきりと、海。島の、南端位置です。

121.jpg 黒線は、B地点から宿へ向かうログです。

 このB地点はゴール地と認められず、ゴール地はもっと先なのだから、つまり。
(真の)ゴールラインを割る前に、自ら海ルールに引っかかってしまった、ということです。
 オレはわざわざ四国の最奥までやって来ながら、何してんだか。
 第33走、失敗。
 今度こそ、と思ったのに、ゾーン方式は、いや“真っすぐ”は――手強い。
 スマホを活用するようになっても、そもそも、基本的な地図を読む力がないと、宝の持ち腐れ。
 そう思い知らされたのでした。
(“A”)ゞ

 さぁ、宿に行きましょう。メシだメシ――!


(記 2017/4/9)

続きのページ
宿毛市→伊丹市「2017春分の日連休」
旅の記録 もくじ」へ
にほんブログ村 バイクブログ ツーリングへ


▲ページの先頭へ