四国中央市村松→徳島市川内「ノーマルモード・これが普通」(6)

前のページ

“真っすぐ”NO.35
2018/3/24(土)
2018年03月24日-14:07分21秒-DMC-LX9-275.jpg
 淡路島方面です。……海に突堤が突き出していますね。せっかくだから、端っこまで行ってみますか?

2018年03月24日-14:13分55秒-DMC-LX9-277.jpg
 結構、遠い(笑)。

2018年03月24日-分12秒-DMC-LX9-278.jpg
14:15
 バス時間まであと50分です。この時は少し焦り気味でした。腕時計を見て、針がここまで来たら、その時点で引き返そうと心に決めて歩き始めます。

2018年03月24日-分07秒-DMC-LX9-279.jpg14:19

 ブロックの凹凸で歩きにくく、足を挫いたりしないかと恐れつつ、無事に時間内で何とか端っこまで到達。

2018年03月24日-14:19分14秒-DMC-LX9-280.jpg
 今日は、天気がよかった……。
 あと、新しい旅のスタイルに、ちょっと、自信が付いたかなぁ……。
 スカブ……。

2018年03月24日-14:19分24秒-DMC-LX9-281.jpg

 さぁ、帰りますか。
 たしか、来るときは、阿波十郎兵衛屋敷から(当初の)ゴール地点まで、約15分でした。ゆっくり走っても、バスの待ち時間も考慮しても、十分に間に合うでしょう。

2018年03月24日-分44秒-DMC-LX9-284.jpg14:29

 川沿いの道は車が恐いので、こちらから帰りましょう。

2018年03月24日-分45秒-DMC-LX9-285].jpg
14:33
 こんなところに春の花畑。誰かが植えたんでしょう。

2018年03月24日-分44秒-DMC-LX9-286.jpg14:37

 今回の旅で惜しむらくは、吉野川の河口を眺めていないことです。時間に押されていますが、ちょっとだけ、遠目からでも、見てみましょうか。

2018年03月24日-分48秒-DMC-LX9-287.jpg
14:39
 県道29号、阿波しらさぎ大橋北詰からの眺めです。
 こんな細こい道をダンプ走ってたんだ。そして。
 あそこに、新しく高速道路が通るんかよ!? 何というか、この感情は、どう表現したものか……。

2018年03月24日-14:39分48秒-DMC-LX9-287].jpg
(上図拡大図。コンデジと言えど、性能には驚かされるばかり。)
 吉野川って、海だね。
 そして未来の貴方たちよ。よう分からんけど、幸ありますように!

2018年03月24日-15:04分12秒-DMC-LX9-293.jpg

 帰ってきました。阿波十郎兵衛屋敷。
 自転車を返却し、窓口のオバチャンと世間話。この時がもしかして、一番楽しかったかもしれん(笑)。
 缶コーヒーを飲みながら、写真右に見えるベンチに腰掛けて、バスを待ちます。

2018年03月24日-分53秒-DMC-LX9-290.jpg14:50

 向かいのお土産屋さん、バス停。

2018年03月24日-分12秒-DMC-LX9-291.jpg
14:55
 そしてその空!
 天気に感謝。

2018年03月24日-分31秒-DMC-LX9-292.jpg
14:55
 気づきましたか? お月さん、浮かんでるよ。

P1010235].jpg 月と地球(笑)。
 なんという宇宙のロマン!

 俺がガキンチョの頃の未来予想では今頃、人類はドンドン宇宙に進出してて、だいぶ賑やかなことになってたハズなのだが(笑)。
 これから、どうなるのかねぇ……。
 いやいや、どうなるか、ではなく、こうする、だ。少なくとも自分個人の未来は、受け身になってはならない。獲りに行かなきゃ。なんとか。

2018年03月24日-分14秒-DMC-LX9-294].jpg15:08

 バスが来た。

2018年03月24日-分09秒-DMC-LX9-295.jpg15:10

 繰り言になるが、ラスト、吉野川が未消化になっちまったのが悔やまれる。

2018年03月24日-分38秒-DMC-LX9-297.jpg15:11

(笑)

2018年03月24日-分03秒-DMC-LX9-300.jpg15:26

 はい、徳島駅到着です。

600.jpg
 ゴール地点からここまでです。……終わったのだなぁ。

2018年03月24日-分47秒-DMC-LX9-302.jpg15:53

 コンビニで時間つぶしして、高速バスに乗り込みます。

2018年03月24日-分23秒-DMC-LX9-303.jpg15:54

 最後に、最前列、左側窓席を予約できました。

2018年03月24日-分27秒-DMC-LX9-305.jpg16:01

 定刻16時発車です。

2018年03月24日-分46秒-DMC-LX9-307.jpg16:12

 今回は抜かりなく、蓋付き、ジッパー付きの「旅の友」だよ(笑)。

2018年03月24日-分33秒-DMC-LX9-308.jpg16:13

 吉野川大橋……。

2018年03月24日-分41秒-DMC-LX9-309.jpg16:13

 山側。

2018年03月24日-分49秒-DMC-LX9-311.jpg16:13

 海側。
 ……つくづく、堤防の道が封鎖されていたことが、無念でした。

2018年03月24日-分43秒-DMC-LX9-319.jpg16:33

 バスは途中、何ヶ所かでお客さんを拾って、高速道へ。

2018年03月24日-分46秒-DMC-LX9-322.jpg16:42

 大鳴門橋……。

2018年03月24日-分57秒-DMC-LX9-327.jpg16:46

 そして淡路島。

 皆でワリカンで、優秀な運転手を雇っているような気分になる。
 自分で運転しない余裕。
 ビール買っとけばよかったな。

2018年03月24日-分01秒-DMC-LX9-337.jpg
17:08
 こうして写真として見ると、大地は傾いているのに、太陽は真正面のまま、というのが面白い。宇宙だね。

2018年03月24日-分06秒-DMC-LX9-341.jpg17:15



2018年03月24日-分55秒-DMC-LX9-344.jpg
17:18

2018年03月24日-分24秒-DMC-LX9-345.jpg17:20

 明石海峡大橋……。

2018年03月24日-分14秒-DMC-LX9-348.jpg17:21



2018年03月24日-分18秒-DMC-LX9-354.jpg
17:22

2018年03月24日-分26秒-DMC-LX9-356.jpg17:22



2018年03月24日-分47秒-DMC-LX9-357.jpg17:22

 そして本土。

2018年03月24日-分16秒-DMC-LX9-358.jpg17:23



2018年03月24日-分38秒-DMC-LX9-360.jpg17:23

 高速舞子バスおりば。約一時間半の、バス行でした。

2018年03月24日-分45秒-DMC-LX9-361.jpg17:25

 ありがとう、ご苦労様。

601.jpg ここまで。



2018年03月24日-分37秒-DMC-LX9-362.jpg17:30

 階段、エレベータと来て、JR舞子駅へ。

2018年03月24日-分38秒-DMC-LX9-363.jpg
17:32
 私はさっきまで、あそこにいたのだなぁ……。

2018年03月24日-分32秒-DMC-LX9-367.jpg17:35

 快速列車に乗って、さよなら大橋。

2018年03月24日-分38秒-DMC-LX9-369.jpg18:31

 JR伊丹駅到着。
 そんなに遅くもなく、無理なく戻って来れました。
 何より今日はまだ土曜日だというのがいい。明日もあるんだ。心の余裕です。
 充実したいい一日をすごせました。満足です。

 では、今日のマップと記録です。
赤線(真っすぐライン) 青線(ルートライン) 緑枠(セーフゾーン)
ルートスタート A ゴール B  実走スタート(・) → ゴール(・) 黒線(ログ i-gotU GT-600 4秒間隔) 紅線(ログ DMC-FT5 15秒間隔)

(マップ左上のボタンとか押してみてください。)

 記録は、
・ライン  97.4km(マージン約4.87km)
・ルート  約108km
・TIME 07:54→13:55 (6h1m)
 でした。

 最後、吉野川で期待通り行かなかったけど、今回はルートの途中に鉄路を取り入れることができて、多彩なコースになったと思う。タクシー活用できたり、レンタサイクルも取り入れたことで得意になれた。徳島では行列に並んで食事もした。歩いたり乗ったり、待機したり食ったり、オバチャンとおしゃべりしたり。なかなか良い旅だったんじゃないかと思います。
 天気が良かったし、なにより、スマホの現在地表示を消して旅できたのが楽しかった!
 また行きましょう!


(記 2018/4/22)

旅の記録 もくじ」へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ


四国中央市村松→徳島市川内「ノーマルモード・これが普通」(5)

前のページ ・続きページ

“真っすぐ”NO.35
2018/3/24(土)
400.jpg
 はい、第4区間の紹介です。「JR阿波加茂駅→JR徳島駅」となります。もちろん列車にて、約62.3km(ヤフー路線情報から)の距離。歩きだと絶望感を覚える数字ですが、電車に乗れさえすりゃ、こんな楽チンなコースはありません(笑)。
 では、乗り込みましょう!

2018年03月24日-分46秒-DMC-LX9-183.jpg11:38

 これは後側車両(自由席車両)を写したものです。
 憶えてられると思いますが、私は1ページ目にて、『旅中の全てのJR券は、事前に、指定席を予約済み』と書きました。なのになぜここに来たのかというと、例の“クジ運の悪さ”です。
 まぁそうなんです。予約して取れた席ってのが、またもや右側窓側の席、だったのですね。
 それはちょっと、“いろいろと”たまらんと、自由席車両に望みをかけてこちらに来た、というわけでした。
 もし、混雑していたら、大人しく指定席に収まるつもりでしたが、見ての通りガラガラでしたので、こちらの左側窓席に座ることにしたのでした。
 キップの改札は、車掌さんがやるシステムです。
 もちろん、指定席についてのことを確認してきたのですが、私はここでいいと伝え、そういうことで、こうなりました。

2018年03月24日-分47秒-DMC-LX9-187.jpg11:42

 晴れて、望みのポジションにての旅のリスタートです。

 川幅に、変化はないようですね。

2018年03月24日-分41秒-DMC-LX9-191.jpg11:50

 多分水路だと思うのですが自信ありません。高架形式なの初めて見た。ここはローマ帝国かと思ったり(笑)。もちろん行ったことないけど(笑)。

2018年03月24日-分12秒-DMC-LX9-196.jpg11:54

 川幅に変化ないけど、水深が深くなったように見えます。

2018年03月24日-分54秒-DMC-LX9-197.jpg11:59

 一言で言えばノスタルジー。昭和初期の様子が空想されて感慨深いです。

2018年03月24日-分42秒-DMC-LX9-199.jpg12:02

 特に変化なし。

2018年03月24日-分51秒-DMC-LX9-203.jpg12:03

 吉野川自体に余り変化をみとめられなくても、その回りには、何かしらいろいろと有るものだね……。

2018年03月24日-分59秒-DMC-LX9-204.jpg12:03

 うむ、山地の間が広くなったようだ……。

2018年03月24日-分11秒-DMC-LX9-205.jpg12:16

 お城があった!?(笑)
 なんでか、これには意表を突かれてしまいましたよ。
 なんで? て、なんで?(笑)
 オレは何に動揺してんだろ?(笑)

2018年03月24日-分06秒-DMC-LX9-207.jpg12:30

 吉野川は見えなくなって。
 そして、徳島平野の広がりです。

2018年03月24日-分45秒-DMC-LX9-212.jpg12:30

 もう自然は遠ざかり、人工物だらけの世界に。

2018年03月24日-分24秒-DMC-LX9-216.jpg12:36

 到着です。

2018年03月24日-分07秒-DMC-LX9-217.jpg12:37

 終点、徳島。
 徳島線に乗るのも、JR徳島駅に来るのも、これが、人生初。
 すごいよな。生きてるって……。

2018年03月24日-分27秒-DMC-LX9-218.jpg12:38

 キップはどうするのかな、と思ってたら、やはり納得と言うか、人力で御座いました。
 渡して、通り抜けて、さあ――!

2018年03月24日-分58秒-DMC-LX9-219.jpg
12:38
 徳島駅前! なぜか、“らしさ”を感じて、一気に好印象です!

※ ※ ※

 ところで憶えていらっしゃいますか?
 1ページ目で、第5区間、「JR徳島駅→徳島市川内(ゴール)」最短距離・約7kmの、移動手段を、ナゾにしていたことを?
 改めて。
 さぁ、私はここから、ゴールまで、どのように進んだのでしょう?

 答は用意できていますでしょうか?

 では、解答です。

 それは、この(↑)写真に写っています。そう――

 答は、路線バス、だったのでした!(写真左側ね。)

 当たりましたでしょうか?(笑)

400a.jpg
 計画時の話をちょっとだけ。

 最短約7km、という数字から、ハナから、徒歩は候補から外していました。徳島駅が旅の“基点”なのです。その心は、“往復しなければならない”、ということであり、ということは距離は、つまり14kmとなってしまいます。時間にして3〜4時間でしょうか。移動だけで3〜4時間。いくらなんでも、これは全くの論外、というものでした。

 次に考えたのが、レンタカー、レンタバイクです。
 これも、早々に、候補から外れました。何でって、交通ルール、周囲の流れに従って走らないとならないからです。かなり不自由するはずで、自分の運転能力的に、心情的に、避けた方が幸せ、と判断したのでした。(実際、徳島市の状況を目の当たりにして、判断は正しかったと思っています。)

 そして考えたのが、レンタサイクル、だったわけです。
 事前の調査では、徳島駅周囲にレンタサイクルを扱っているのは、2社、ありました。
 ただ、なんというべきか――
 1社は、駅前至近にありながら、予約ができない。
 1社は、予約できるけど、駅前にはない、のです。(計画時現在。)
 確実にゲットできなければ、つまり徒歩と一緒、ということになります。
 これは躊躇せざるを得なかったのでした……。

 そういうわけで、最後に登場するのが真打ち――

 路線バス、だったわけです。

401.jpg
(青線は適当です。そう間違ってはいないと思います。)

 徳島駅前 13:30 ⇒ 鶴島(つるじま)13:50

 旅先でバスに乗るのは楽しいですし、そう決めたのでした。

402.jpg
 で、鶴島からは徒歩にて約2.7km、と、覚悟を決めたのですが……。

 往復で約5.4kmですか……。

 実は、鶴島から徳島駅の戻りのバス時刻は、

 鶴島 15:06 ⇒ 徳島駅前 15:21

 だったのでした。(当時現在。本数少ないんです。)
 ということはですね、13:50 ⇒ 15:06 ということなんですよ。
 1時間16分で、往復計5.4kmを歩く。ならび、ゴール地で写真撮ったり、記念の、つまピョン(つま先立ちピョンピョン)写真を撮ったり(笑)、しなきゃならない、ということなんです。

 これは、さすがに、キビシイ……!

404.jpg
 そういうことで、その後も何度も検討の結果、ようやく……。
 バスに乗るは乗るでも、鶴島の更に先、阿波十郎兵衛屋敷(あわじゅうろうべえやしき)まで乗る。
 そこで、レンタサイクルを借りる。と決定されたのでした。(予約可。)

 行き 徳島駅前 13:30 ⇒ 阿波十郎兵衛屋敷 13:52
 戻り 阿波十郎兵衛屋敷 15:05 ⇒ 徳島駅前 15:21

 間、13:52 ⇒ 15:05 1時間13分で、計約4.4kmを、レンタサイクルで行動する。

 これなら、どうでしょう。いいんじゃないでしょうか?

 阿波十郎兵衛屋敷てのは、阿波人形浄瑠璃を上演している所のようなんですが、そこでレンタサイクルもやってることを見つけることができたのが僥倖でした。

※ ※ ※

2018年03月24日-分17秒-DMC-LX9-221.jpg12:41

 バス時間まで小1時間あります。昼飯にしましょう。て、またしてもラーメンなんですけどね(笑)。

2018年03月24日-分53秒-DMC-LX9-222].jpg12:47

 せっかく徳島まで来たんです。だから、行列のあるところにしました。
 繁盛してるようで、お客さん、沢山です。
 店員(女の子)が、外に並ぶ私らの腕をホールドし、強引に並ぶ列を整える様を体験したときにゃ、またかよと(笑)。でも、天下の公道、往来だから、人様の迷惑にならないようにするのは当然かなと、それほど不快にも思わず、やがては、これがラーメン屋のノーマルなのかと得心したり。

2018年03月24日-分07秒-DMC-LX9-225.jpg12:52

 で……。スマン、何味なのか、わからんかった。
 写真、どんぶりの上半分と、下半分、それぞれだけ見たら、全く別物のラーメンだと思えないだろうか……? それがごちゃ混ぜにされてしまったカンジ? でした。

 俺はな、塩味が好きかなぁ……。
 味噌味やトンコツは、やぼったい。
 醤油は日常の匂いがする。
 塩味こそ、宇宙の星ぼしの煌めき、ロマンを感じさせてくれないだろうか? 貴方? どう思います?

2018年03月24日-分58秒-DMC-LX9-227.jpg13:02

 で、バス時間にはあと30分ほどあるんだが。

2018年03月24日-分55秒-DMC-LX9-229.jpg13:06

 その30分が命取りになるかもしれず、また、じっとしているのも性に合わずで、ついに奥の手、タクシーを活用することにしたのでした。
 なんという旅の臨機応変であることよ!(笑)

 わが“真っすぐ”走は、足は何でもアリだから、これもオーケーなのですよ。

2018年03月24日-分58秒-DMC-LX9-233.jpg13:13

 徳島の渋滞には恐れ入る。
 バスだと、時間通りに行けていたか分からなかった。前倒しのタクシーで正解だったかも、と思わされる。

2018年03月24日-分44秒-DMC-LX9-236.jpg13:17

 国道11号、吉野川大橋です。
 鉄道から見えなくなって、その今となったら、いきなり川幅1kmなんだから恐れ入る。
 急激にデカくなって、水量足りているのかと心配になる。

2018年03月24日-分28秒-DMC-LX9-238.jpg13:20

 川沿いに県道29号(バス道路)を下る。車内からはまともな眺望を得られず。
 旅の副題「吉野川の成長を見守る」は、この時点で、いかにも中途半端に終わってしまったな、という認識になったのでした。

2018年03月24日-分29秒-DMC-LX9-239.jpg13:22

 阿波十郎兵衛屋敷、県道沿いの駐車場に到着です。ありがとさん。

2018年03月24日-分40秒-DMC-LX9-240].jpg13:22

 来た方向です。写真方向が徳島駅方面。
 右の建物が、阿波十郎兵衛屋敷。
 右の標柱が、徳島駅からのバス停。
 道路左側の標柱が、徳島駅へのバス停で、今から約1時間40分後に利用することになるバス停です。

2018年03月24日-分56秒-DMC-LX9-241.jpg13:22

 受付は、同じ窓口。

 これがな、徳島にての一泊二日の旅だったら、おそらく。ミーハーな私のことです。分からないまでも、この人形浄瑠璃を観劇していたと思います……。

 まぁ、いいや。

2018年03月24日-分04秒-DMC-LX9-242.jpg13:31

 そしてこれが、最終手段です。レンタサイクル。

 1ページ目で移動手段を問うたとき、正確に、タクシー⇒レンタサイクル、と的中させた方は、いらっしゃらない、と思いましたが、さて、どうだったでしょうか?(笑)

2018年03月24日-分34秒-DMC-LX9-245.jpg13:34

 電動アシスト・ママチャリ最高!(笑)
 昔から思っていることがあるのだが、全国のコンビニで急速充電できるようになればいい。
 あるいは、乾電池で動かせるようになればいい。
 そしたら、日本一周できまっせ!?

2018年03月24日-分09秒-DMC-LX9-246.jpg13:36

 ラストです。
 ランドマーク(川)と、マップを見比べながらの道行きです。

2018年03月24日-分23秒-DMC-LX9-247.jpg13:37

 袋小路に嵌まる。例の行き止まり標識はどうした?(笑)
 ホント、今回はスマホの現在地非表示、正解でした。楽しかった。

2018年03月24日-分00秒-DMC-LX9-248.jpg13:41

 そして、正面に見えてきたのが、川沿いの道です。
 橋は(車の中からで)眺めが残念でしたが、これから、川沿いの道のさらに川寄りの、“堤防の道”を自転車で河口まで走れるのですから、オールオッケーというものです。

2018年03月24日-分36秒-DMC-LX9-250.jpg13:41

 そしたら……。
 え?
 右手、“堤防の道”に、柵が設置されている……。

2018年03月24日-分00秒-DMC-LX9-251].jpg13:42

 堤防の細道を、ダンプが走っている?!

2018年03月24日-分20秒-DMC-LX9-252].jpg13:43

 堤防の上に上がる通路が閉鎖されている!

2018年03月24日-13:43分20秒-DMC-LX9-252]].jpg(上図拡大図)

 ……なんとなぁ!

 つくづく、私はクジ運が悪いというか。
 旅のラストは、川沿い、心地よいであろう堤防の道をゆったりと走れる、と期待していたのですが。今、工事中でしたとは、残念です……。

2018年03月24日-分59秒-DMC-LX9-253].jpg
13:46
 ああ、ゴール地点なのに……。

410.jpg ここです。



2018年03月24日-分43秒-DMC-LX9-254.jpg13:47

 しょうがないから、道路を進み、海辺に行ける場所を探します。
 右手、上に、歩道があるようなんですが、登れる所がありません。

 マップ的には、もう、ゴールラインを通過しているのだから、ルール的にゴールなのですが、心情的にはそうも行かない。海に行きたい、目に見たいのです。
 それに、逆に、これが現実だからこそ、時間の前倒しは正解だったと思うし、旅のスタート地点にしなくて良かった、とも思うのです。
 こちらをスタート地点にしていたら、ここに来て、途方に暮れていたと思います……。

2018年03月24日-分38秒-DMC-LX9-255.jpg13:50

 小松海岸。
 ここから行けそうですね。

2018年03月24日-分21秒-DMC-LX9-256.jpg13:51

 歩道を吉野川に戻っていきます。

2018年03月24日-分43秒-DMC-LX9-257.jpg13:51

 吉野川の河口、是非見たかったけど、警備員に、追い返されるかなぁ……。

2018年03月24日-分37秒-DMC-LX9-258.jpg13:52

 うん……?

2018年03月24日-分04秒-DMC-LX9-260.jpg13:53

 もう、ここでも、いいんじゃなかろうか?

2018年03月24日-分17秒-DMC-LX9-261.jpg13:53



2018年03月24日-分51秒-DMC-LX9-262.jpg
13:53
 うん……!


2018年03月24日-分26秒-DMC-LX9-263.jpg
13:54

2018年03月24日-分09秒-DMC-LX9-266.jpg
13:55

2018年03月24日-分19秒-DMC-LX9-267.jpg13:55



2018年03月24日-分34秒-DMC-LX9-268.jpg
13:55
 ゴール……!
 と、したのでした……。

411.jpg タイム。

 07:54 ⇒ 13:55 6時間1分、でした……。

412.jpg

413.jpg
 地表上のA地点からB地点まで、真っ直ぐに線を引くと、その線分は、大圏航路(たいけんこうろ)になります。すなわち、線分を延長すると、地球を一周する大円になるのです。

 幅1に対して長さ20の比率。細長い帯状のエリアを旅して来て、無事にゴールを迎えることができました。
 ゆえに、これは真っ直ぐの旅であったと、主張したく思います。
 地球の、(一部分とは言え、)大円の旅だったのです。

2018年03月24日-07:46分50秒-DMC-LX9-33.jpg 帯の端と端をつなげてリング状にしてみてください。
 あの、水平線の向こうに――すぐそこに――
 スタート地点の、あの黒い大きなタンカーがあるのだと空想すると、奇妙な球形の感覚を、覚えないでしょうか?

 一つのお気軽な、変てこな、地球一周の旅。

 私たちは、今回、そんな旅をしたのでした。合掌――

500.jpg

P1010231.jpg

 ようし! じゃあ、実際に創ってみよう!(笑)

P1010247].jpg

 こうすると、一巻の“冒険の書”になります。
 旅人にとって、何にも変えられない宝物ではないでしょうか。

1115.jpg

 そしてこれが、“奇妙な”ミニ地球となります。
(水平線が欲しかったから、海の部分はオマケです(笑)。)

 ライン、約97.4km(海ふくまず)でしたから、大ざっぱに、直径31kmの地球ですね。

13:59分33秒-DMC-LX9-271.jpg
<< カーソルON!
 誰もいないから、大胆につまピョン写真です(笑)。
 ボケてしまったのはすみません。カメラ操作ミス。

2018年03月24日-14:01分37秒-DMC-LX9-272.jpg

 真面目に記念写真、て、存在自体がふざけている、ってか?(笑)
 さぁ、撤収だ。


(記 2018/4/15)

続きのページ
四国中央市村松→徳島市川内「ノーマルモード・これが普通」(6)

旅の記録 もくじ」へ
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ


▲ページの先頭へ